no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


焦り。
告白、、したいけど。
きっかけがない。


最近の君の様子。
卒研の最終段階にもかかわらず、できあがってない。
今週からテストが始まる。
授業のレポートがたくさん。

いろんなものに囲まれて、今の君はピリピリしている。
今日、僕は夜遅くまで学校に残ってたんだけど、
君がやってきたのが夜8時。
それまで課題をやってたみたい。

顔を見る君は明らかにピリピリしていて、
笑ったりなんか全くしてなかった。
きっと、相当焦っているんだと思う。

そんな君に対して、僕の「わがまま」を言ったりなんかしたら、
君、パンクしちゃうんじゃないかって思うくらい。


今度から学校への車通学が許可される。

ユウシ「ヨシが車OKになったら、カップ麺買いに行こう。」

そう言ってくれた君がうれしかった。


もうすぐ、夢の出口なのかな。
そしたら、、
このブログ・・・どうなるんだろう^^;



スポンサーサイト

メッセージ。
みんなからのメッセージにとても励まされます。
どうもありがとう。

確かに、僕ら二人の事なんて知り得ないかもしれません。
でも、この空の下のどこかに僕がいてアイツがいて、みんながいる。
それは確かな真実なんです。

本当、わざわざ僕のために親身になって考えてくれてどうもありがとう。

実はね、今日アイツと卒研する予定だったんだ。
そして、終わったらご飯食べに行って、帰りに「告白。」しようかなって。
そう思ってたんだ。

でも、アイツは昨日部活の追いコンがあっていて、
今日はバタンキューしてた。
あいつに会えなくて残念だったんだけど、
帰ってきてブログ開いたらみんなからたくさんのメッセージが。

とても、励みになりました。
そして、あいつとの事をもう一度考えさせられました。


このまま何もせずに終わったら絶対に後悔するのは目に見えています。

足りないのは僕が君を信じる心と、全てを打ち明ける勇気。

もし、答えがノーだったとしても、
アイツが拒否しないで僕を受け止めてくれたら。
うれしいな。





告白する事について。
きっと、あいつからの返事なんてどうでもいいんだ。

いや、どうでもいいワケなんかない。
もしイエスだったらどんなにうれしいか。

でも、ノーだったとしても僕は前を向いて歩いていける気がする。
もう、十分に君と過ごした日々。満喫できた気がするから。

精一杯に君を好きだったから。

君と一緒に卒研をしたこと。
君と一緒にテーブルの下でスリッパを奪って遊んだこと。
君と一緒にドライブしたこと。
君と一緒に歌ったこと。
君と一緒にご飯を食べに行ったこと。
君と一緒にゲームしたこと。
君と一緒に寝たこと。
君と一緒に写真を撮ったこと。
君と一緒に笑ったこと。
君と一緒に悩んだこと。
君と一緒に工作したこと。
君と一緒に勉強したこと。
君と一緒に売店に行ったこと。
君と一緒にテニスをしたこと。
君と一緒にイブを過ごしたこと。
君と一緒にあの坂道を歩いたこと。
君と一緒にトイレに行ったこと。
君と一緒に夜遅くまで残ったこと。

君といた日々は何よりも眩しかった。

だから。だから僕は君にノーと言われても。
僕はイエスって答えられる。

ただ、ただ心配な事がいくつかあるんだ。

君の気持ちも知らずに伝えること。
そりゃ、本人はびっくりするだろうよ。
だって、友達と思ってた人からそんな事言われるんだもん。
きっと。迷惑をかけるんだろうな。

次に。。一番に不安な事。
それは、「知られること」。
僕が君に「告白」した事を他の人に知られるのがものすごく恐い。
恐ろしい。きっと多くの人との絶縁が待っている。
そんな気がする。
どうやったらこの不安を取り除く事ができるんだろう。
君の事。信じたいけど・・・

あいつはみんなに言いふらしたりするのかな。
僕は本当にそれだけが心配。

あいつの返事よりも、そっちの方が一番の不安です。
きっと、ヘタレな僕なんだ。
こんな事を恐れてる。
それなのに君に好きだと伝えたい。

不安を取り除きたい。
--------------------------------------
そして、昨日は沢山のメッセージありがとう。
大分、気持ちが楽になれました。




どうしよう。
もうすぐ、卒業。

あいつに想いを伝えないまま卒業するなんていやだ。
どうしよう・・・

あと少しであいつと離ればなれになっちゃう・・・
辛くてたまらない。

あいつがいなくてどうやって生きていけばいい?

あいつに告白してすっきりしたら、離ればなれになっても、
前を向いて歩いていける?

クラス中に広まったらどうしよう?

あいつに嫌われたらどうしよう。

もー、いろんな不安があって、、押しつぶされそう。






まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。