no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユウシと買いもん(終わり
学校に今日買った荷物をおきにいくことにした。
あたりはすっかり真っ暗。
学校はすでに誰もいない感じだった。
学科の扉は相変わらず開いてなかったので裏の入り口のところに荷物を君が置いた。
そうしてこれで君を寮までつれていけば終わり・・・だけどさみしい。

ヨシ「ユウシってね、カラオケとボーリングどっちがすき?」

ユウシ「俺は人前で歌うことを恥じる人やん。
俺めちゃくちゃ歌下手。」

案外そうでもないかもよ?
君が鼻歌歌ってるの聞いてうまいと思うよ。

そうして君の寮に向かって行ってる時に君が、

ユウシ「あ、パンク修理の道具買うの忘れてた。」

ヨシ「またミスマいく?俺は全然かまわんよ。」

ユウシ「じゃぁ行こう。ヨシは家で何かすることないと?」

ヨシ「えーだって、家にいても暇じゃん。」

ユウシ「カラオケ行こうか?」

ヨシ「マジ!?行こうか!?」

ユウシ「行かん(笑)。ヨシが行きたそうな顔しとったけんからかった。」

ヨシ「えー行こうよ…」

そうして再びミスマにつく。

そこで色々みる。
パンク修理セットを見つけて君は選ぶ。

ユウシ「色々あるけどどれにしようかなぁ・・・」

パンク修理セットを選んだが、
サンドペーパーが入ってなかったために、
センター内を探し回った。

途中ピアノ置き場があった。
子供たちが遊んでいる。
ピアノの前に君が立って少しひいてた。

ヨシ「何ひいてるのか聞こえんかった。」

ユウシ「ピアノもほしいなぁ。」

ヨシ「何?ユウシピアノひけると?」

ユウシ「小さいころやってた。両手で弾けるよ。」

ピアノ。君は経験アリ。
意外な話を聞いてしまった。
なんだか君のそんな昔の話を聞くと僕はとてもうれしくなる。

ユウシ「ってそんな話をしてる場合じゃないよ。すぐ横道にそれるなぁ。」

確かにそう思う。
なんだか君といると目的のことはどうでもよくなって、
すぐ別の話にそれてしまう。
卒研の時間も同じ。

そうしてやっとサンドペーパーも見つかり
レジで清算して車に戻る。

車に乗り込むとき迷子の子供がなきながら駐車場を歩いていた。
とても不安そうな泣き声。
僕も昔迷子になったことがあるからわかる。

君もその子供をみつめてる。じーっと。
助けようとはしないけど、その子供が店内に入っていくまで君はその子供を見守っていた。

ユウシ「事故にあわないなら大丈夫やろ。」

君も子供、好きなの?
君の優しさを見た気がした。
子供を見守る目がとても優しかった。

そして車を発進する。
もう寮はすぐそこ。

寮の中の駐車場に車をいったん停止。
君は助手席から降りる。

ユウシ「じゃぁ今日はどうもありがとう。」

まさか君からお礼を言ってもらえるなんて夢にも思ってなかった。
僕から誘ったんだし、なんだか乗る気じゃなかったし。

ヨシ「いや、俺のほうこそどうもありがとう。じゃぁね。」

ユウシ「じゃぁ」

そういって僕たちは別れた。

帰り道。
僕はこの日の出来事をずーっと思い出してて一人でずーっとにやついていた。
「ひゃっほーい!」なんて一人で声をあげてたりしてたしね。

何気ない友達2人の買い物。
でも僕にとっては大きい意味をもった一日。
だって、好きな人と一緒にすごしたんだよ。
相手はこの気持ち知らないけど。

でもねぇユウシ。
ほんの少しでも僕の気持ちには気づいてる気がする。
じゃないとあんな意味深な言葉いわない気がするもん。

それでも本当楽しかった。
会話がなくても楽しい。
なんて最高なんだろう。
特に進展なんてないけど、まじ楽しかった。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。