no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君とシンクロしまくり。
続き)
レジに行く。
同い年くらいの女の子がレジをしてくれた。

店員「店内でお召し上がりになりますか?お持ち帰りですか?」

ユウシ「お持ち帰りで。」

そこで僕と君は二人でメニューを眺める。
僕は食べるものを決めたので注文しようとしたところ、、 

ユウシ「こ…」  ヨシ「マ…」

二人同時にかぶってしまった。
瞬間、僕と君は目を合わせる。
店員の女の子は笑ってた。

ちょっとなんだか恋人同士っぽくてなんともいえない空気が僕の中で感じられた。

とりあえず僕は決めたものを注文する。

てりやきマックバーガー、ハンバーガー、マックチキン、ポテトのM

お金を払って君のオーダーを待つ。
なんと、君が注文したのは

てりやきマックバーガー、ハンバーガー、マックチキン、ポテトのL

ほとんど被ってしまった。ポテトもサイズ違いだけだし。
これって、、シンクロですか?
やばい、うれしい。

確か先週の土曜日もご飯食べに行ったときは同じものを注文してたよね。
僕と君の好きなものが同じなのか、
君が僕とあえて同じメニューを頼んだのか、ああ不思議でたまらない…

二人とも頼んだメニューが届いた。
本当に同じメニューだ。感動。
君におごってもらったコーラを飲もうとする。
と、君は僕の顔を見てきた。

ヨシ「ん?」

ユウシ「それは俺が買ったコーラだよ。
ヨシにおごったわけじゃないよ?」

そういって君はまたからかう。
かまわず飲んだよ。どうもありがとう。

僕はがつがつ食べる。
朝ごはん少ししか食べてなかったしね。

マックチキン→ハンバーガー→てりやきマックバーガー

の順で食べた。

僕一人はやく全部食べてしまって、
君が食べるのを見てたんだけど、、

マックチキン→ハンバーガー→てりやきマックバーガー

君もこの順でマック食べてた。
またシンクロですか?
これってものすごーーーーくうれしいんです。

こういうシンクロ現象って前にも書いたけど、
無意識にその人と同じような行動をとるっていうのは、
ラブかライクかは別にして、その人のことを好きっていうことなんだって。

ここまで君とかぶるとは僕のことを嫌っていないってことだよね。
僕が君とかぶってるんじゃなくて、
君が僕とかぶってるんだからね。
このときはまた感動しちゃった。

それから食べ終わって、卒研に行ったのは11時45分。
結構遅かった。
でもそれからが大変だった。

資料作り。
僕はメンバから「鼻声だね」って言われた。

本当は今日、発表の練習をするつもりだったけど、
あまりに進まないために今日はできなかった。
もうサイアク。
君もちょっとキレ気味で僕のことシカトしてたしね。

君ももうちょっと前々からがんばってればこうはならなかったのに。

君はバイトぎりぎりの午後4時まで残った。
僕は君をバイト先まで車で送るという仕事があったので、
午後4時25分になったら君のいる寮まで来てといわれた。

その時間になって迎えにいった。
あと少しで君と今日はお別れということで寂しかったなぁ。
君は正装した上にジャケットを着てたので正装姿は見れなかった。

車の中ではあまり何も話さなくて、
全然気まずくなんかなくて。
何も話さないのにこんなに気が楽っていいなぁって感じた。

別れの瞬間はいきなりきた。
車の多い通りで、バイト先まであと少しだった。
信号は赤でもうすぐ青に変わろうとしてる。
いきなり君は

ユウシ「じゃぁここで降りていこうかな!」

そういって君は降りる準備をはじめた。
早くしないと青になった。
君はすばやく車から降りた。

ヨシ「バイバイ。」

ユウシ「バイバイ、ありがとう。」

そして、車は進みだし本当に別れの準備をする前に君と別れてしまって、
ちょっと悲しくなったり。
でも最後の「ありがとう」はうれしかった。
なんだかとても感謝されてるやん。

今日は少しの間だけだったけど、
君と恋人気分に浸れた気がした。
君はあくまでも友達と思ってるだろうけどね。。

多くのシンクロ、デート気分。

「楽あれば、苦あり。」

だね。昨日の不幸とは大違い。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>masaさん
親友から恋人になったみたいで、とてもうらやましいです。
シンクロもっとしたい!
こんな感じでmasaさんをAKIさんは見ていたと思うのでぜひもっとAKIさんに愛を感じてやってください。

リンクはっても大丈夫ですよ。
ぜひきてください。

【2006/11/12 23:39】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。