no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頼りにされてるのか?
今日はとてもうれしかった日。

相変わらずテスト中に君のくしゃみが聞こえてきて、
その次にはティッシュを出して鼻をすする音が聞こえる。

テスト自体は昨日で山場を迎えていてあとはへっちゃら。
今日も楽勝だった。

明日のテストでは授業中に作った資料を貼り付けるというテストがある。
それがまだ大部分の人ができていなかったために、
今日のテストが終わった後は家に帰らずにみんなで作業。

僕は昼ご飯を売店で購入後、パソコン室に向かった。
そこでは少数の人たちがすでにいて僕も席に座った。

少ししてパソコン室の扉が開いたとき、
君が入ってきた。
相変わらずかっこいいし、かわいいな。

15人くらいで分担して資料作りをする。
実際は少数ががんばって残りはコピーする人たちだけど。

僕はがんばって資料作ってた。

僕の後ろに君は座っていた。
君の画面を見るとWebが開いてた。
君、何もやってないじゃん・・・
どうするんだろう。って思ってた。

2時間くらいかけてようやく僕はできあった。

ヨシ「おわったーー!」

そう言うと君はくるっと僕の方を振り向いて、

ユウシ「ヨシ、できた?」

ヨシ「うん!」

ユウシ「見せて(笑)」

ヨシ「(笑)」

そのやりとりを聞いていたほかの友達が。

「まじ、卑怯やけんね。」

「終わった頃を見計らってコピーするけんね。」

全く。どうなってんだ。

君は僕が作ったプログラムを動かして実行していく。

ユウシ「ねぇ、ヨシ。ここは何を入力すればいいと?」

ユウシ「ヨシ、これってこうだよね?」

ユウシ「ヨシと同じようにしてるけどならない。」

ユウシ「あぁもう!しからしい。コピーしよう。」


結局、僕が作ったプログラムだけじゃなくて、
実行結果を出力したファイルまでコピーしやがった。


ヨシ「結局コピーかい・・・」

ユウシ「ま、いいじゃないか。やっても変わらないって。
    じゃぁ代わりにおごってやる・・・・わけないやん!」

ヨシ「はぁ!?」

ユウシ「今度給料入ったらおごってあげる。」

ヨシ「でも、結構あとやろ。」

ユウシ「2週間後だよ(笑)」

全くどうなってんだい。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/12/06 08:55】 | # [ 編集]


>ゆうさん
泣いてしまったんですか・・・
くじけずにがんばってくださいね。

あいつはそんなやつです。
卑怯です。
でも、そんなところも好き。
だけど、よく考えたらいらっとしてきました。。

しっかり叱ってやろう。

【2006/12/06 22:23】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。