no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒染め。前髪ばっさり
昨日、髪を切った。
かなり、伸びてましたんで。
いつもいく美容室に行ったんだけど、
下手というか、、あまり好みな髪型にはなりませんでした。

昨日まで伸びてたせいか、短髪に見えます。
目までかかっていた髪も3分の1程度に切られてしまった。

店員さん「前髪は切りますか?」

ヨシ「切ってください。」

と言った自分に後悔。
あの時やめておけばよかった。

おかげでものすっごい子供っぽい感じになってしまった。

茶色にしてた髪は気分転換に真っ黒にしてみた。

でも、結構なイメージチェンジになったみたいで、
みんなから驚かれました。
そりゃ黒染めして、こんなに短くなったらびっくりするわな。

前髪ばっさり言ったんで余計。


卒研があった。ひっさびさの。
君から髪を切ったことを言われた。

ヨシ「かっこよくなったやろ?」

ユウシ「いやぁ、髪を切る前からかっこよかったよ。
さらに磨きがかかった。」

ヨシ「おーありがとう(笑)」

君から、嘘でもいいからそんな風に言われてうれしかった。
君の方がかっこいいんだよ。って言いたいな。

君の顔をすごく近くで見れて髪の流れもしっかりわかる。
かっこいいな。相変わらず。
そう思ってみていると、君はものすっごい変な顔をしてきた。

ヨシ「プッ(笑)」

僕が笑うと、ずーっと君は変な顔してくる。

ヨシ「キモーい(笑)」

本当はキモくなんかないけどとりあえず言うんだ。
すると、君は

ユウシ「シュワーー!」

なんて言いながら僕にパンチをしてくる。
なんてかわいい奴。

ふざけモードの君も大好き。


今日は学校で献血があってたので、僕は行ってきた。
君も誘おうと思ったけど、サッカー少年。
運動をする君を誘えない。

今年で献血は3回目だけど相変わらず緊張した。そして疲れた。
パンとビスコ、ジュース2本をもらった。
1本は君にあげようかなって思ってとっておいた。
卒研室に戻ってビスコを卒研メンバで分けた。

君の目の前でパンをあけて食べた。
すると、君は僕のパンを奪って食べた。
ほとんど全部食べさせた。

君が食べるかなって思って君の前でわざと食べてたんだから。

ユウシ「のどが渇いた。ヨシ。」

待ってました。

ユウシ「お前がほしいと思って持ってきてやったよ」

って言いながら献血でもらったオレンジジュースを君に渡した。
君は黙って受け取って飲んでくれた。

今思ったけど、君の口から「ありがとう。」って聞かないなぁ。
君の事だから心の中では「ありがとう。」って思ってるはず。
そこらへんを君もわかってるから「ありがとう。」って言わないんだろう。
そうだといいんだけど・・・

昼から授業では、
ハーフパンツをはいた君はやっぱりセクシーで、
君は一度、ゆるゆるのハーフパンツを足下まであげて歩いていた。

それを後ろから僕は見てたんだけど、
あまりにそのセクシーさに頭がクラクラした。
君はすぐにやめたけど、脳内に焼き付いてしまっている。

放課後、金曜日の球技大会の練習があり、サッカーに出る君たちは行かなきゃならなかった。
用意をする君が言った。

ユウシ「ヨシ、お腹すいた。」

ヨシ「俺がなんか買ってきてあげようか?」

ここで、君はプレーンビスケットを頼むんだろうなって思った。

ユウシ「まじ腹減って死にそう。腹にたまるもの買ってきて!
あれーーーあれ、、なんだっけ。なんとかビスケット。
プレーンビスケット!」

ほら来た。
君の分だけを買ってくるつもりがそれを聞いてたサッカー組の人が
次々と僕に注文する。
覚えるの大変でした。でも、ちゃんとお金は徴収しますよ。

500円分くらい買ってきてみんなの机の上に置いていた。

帰ってきた人たちからお金を徴収する。
僕はゲームをしていた。
ゲームをしながらみんなにお金を請求する。

ヨシ「ユウシ、100円になります。」

そういうと、君は財布を取り出して僕のところにきた。

ユウシ「500円玉なんだけど、おつりある?400円。」

僕はゲームをしてたので、君は机の上にある僕の財布をとった。
中を見ると

ユウシ「入ってないじゃん。」

ヨシ「あ、それじゃ明日やるたい。」

そのまま、君は自分の席に戻っていった。

あーひっさびさに君と話したよ。
楽しかったー。
テスト期間中ほとんど話せなかったしね。
もっと話したい!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>>masaくん
こんばんわ。
やっぱりカラーあった方がいいです。
なめられそう・・・

茶髪が似合うなんてよすぎるね。
あいつも前茶髪にしたとき、超かわいかった。

あいつは優しいんですかねぇ・・・

【2006/12/14 00:37】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。