no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二人きりの卒研室
12月23日。

この日から冬休み。
僕は卒研があったんだ。

朝、9時くらいに起きてご飯食べて用意して出かけようとしたら君から電話が来た。

ユウシ「ヨシ、閉まってる。。。」

ヨシ「え、、まじで。」

ユウシ「今どこ?」

ヨシ「今家を出ようと思いよった。」

ユウシ「どんくらいにつく?」

ヨシ「10時かな、、うーん、10時から10時30分の間にくる。」

ユウシ「あー、、うん。。今人が来たから入れるかもしれない」

僕は急いだ。
君が一人寂しく学校の外で待っている。
前日に新しい携帯電話が届いたためにショップに寄って電話帳を移してもらった。

結局学校に着いたのは10時30分。
あちゃー君どうしてるのかな。
棟の周りをぐるっと一周したけど君の姿は見つからなくて、
棟も開いていなかった。

もしかしたら君はもう中に入ってるのかもしれない。
この棟は休日、外からは開けれないけど中からは開けられるんだ。

君に電話をかける。
1コールで君はでた。君から話し始める。

ユウシ「なん?開けてくれって?」

ヨシ「うん、今玄関におる。」

ユウシ「わかったー。」


君が開けてくれて、研究室に入ると大きな荷物が。
寮から帰省するからか、、。


君はまじめに卒研をやっている。
僕もまじめにやった。

僕と君以外学生は誰もこの棟にいないみたい。
君と二人きり・・・

昼ご飯も食べないでがんばった。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/12/26 22:57】 | # [ 編集]


>ゆうさん
こんばんわ^^


あ、まだネットつながってなかったんですね^^
メールの設定って難しいですよねぇ。
がんばれ!

家でネットできるようになってよかったですね!
いろんなサイトみてください。
冬休み、、でも寂しい><

あいつとの卒研も。。。
終わってしまう。
あぁ、、、、、寂しくなってきた。
というか絶望・・・

卒研、、どうだろう。。
結構わかってない部分多いです。
がんばっていきたいと思っています

少しだけどわかる部分はあります。

”指示されないと何もできない人間”
当たり前ですか?
先生の話を聞くとそういう人間は切り捨てられるって話を聞くので俺はやっていけない><

でも、社会人のゆうさんからそういう言葉をもらえるとうれしいです。
少しだけですが安心しました。どうもありがとう。
あぁ、、ユウシぃ。。><

【2006/12/28 00:27】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。