no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


葛藤。隣で眠る君へ。
前の続き

横で寝息を立てる君。

はな垂れ小僧な君は鼻をずびずび言わせながら寝ている。

眠れない僕。
ごめんなさい。
こんなに君を意識しちゃって。

ほとんど眠れなかった。
寝ても浅い眠りですぐに起きてしまう。
やっぱり意識してしまう。
隣に君が寝ていることを。

横を見る。
暗いながらも月の光でうっすらと君が見える。

布団に顔を埋めて髪の毛が出ている。
手が伸びた。

君の、髪の毛を触った。
直毛でつんとした君の髪。
とても、心地よい。触ってるだけで安心する。

でも、切なくなった。
すぐにやめた。

君が寝返りをして僕の近くに来た。
君が動くたびに少しずつ君の布団が僕の布団のところにだんだん流れて来る。

僕はその不可抗力を利用して君の布団に潜り込もうかななんて考えたけど、
さすがに気持ち悪いのでやんなかった。

寝て、起きてを繰り返してたら時間は既に4時。早い。

正直、疲れた。
こんなにも近くにいるのに何もできないなんて。
女の子だったら、泊まりに来て隣の布団で寝るシチュエーションじゃ大体、
誰もがその先までしちゃうんだろうけど、
相手は同姓、しかも大事にしたい人。

したいけど、できなかったんだ。



応援よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/01/05 11:18】 | # [ 編集]


>ゆうさん
あけましておめでとうございます♪

風邪ひきかけたんですか!?
でも、本調子にならなくてよかったですね。
ノロなんて最悪っぽいですからw

すごい展開というか当本人たちは普通なんですけどねぇ。。

本当、夢だったらあいつにがっついてましたよ。

はぁ~どうなるこっちゃぁ。

今年もこんな感じですがよろしくお願いします。

【2007/01/05 21:40】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。