no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスマスイブ。別れ。
前の続き

車まで二人で歩いていく。
本当に寒かったのを覚えてる。

君も寒かったみたい。

ユウシ「寒い・・・ 着替えようかな。」

なんて言いながら荷物を見つめる。
君は、助手席じゃなくて後ろに乗ったんだ。
それだけで僕はがっかり。

車を出すときに君が言ったんだ。

ユウシ「ラーメン食べに行こうか!?」

僕は一瞬でテンションがあがる。

ヨシ「まじで!?」

ユウシ「5分で食べやんけど。」

その言葉に僕は一気にテンションダウン。
君にちょっと冷たくあたってしまった。

ヨシ「なんだよ、それ。
いつもお前はそうやって人を期待させる事を言うやん。
俺期待してしまうやん!
できないことを言うのやめてくれん?」

君が後ろにいるから表情が分からない。
言ってしまった後に後悔した。
車の中に沈黙が。

その雰囲気を取っ払おうと僕は何か話したのを覚えてる。
だって、このまんま君と別れたら残りの冬休みを後悔で過ごすことになっちゃいそうだったから。

ふと、君が聞いた。

ユウシ「セブンのチーズカツサンドって食べたことある?」

ヨシ「えー、俺知らん・・・。」

ユウシ「かなりおいしい。」

ヨシ「へー」

なんだったんだろう。
でもこれは君からの伏線だったんだ。


君との別れがもう少し。
駅までもう少し。
だんだんテンションが下がっていった。

ここで僕は曲を流した。


 明日晴れたらあの海へ行こう 昨日流した涙の痛みは優しさに変えて


このフレーズが流れた瞬間僕は泣きそうになった。
君とはもうすぐお別れだけどこの曲聞いて元気が出てきた。

僕は君に話しかける。

ヨシ「あ~次は俺もユウシんちに行こうかな~。」

と思って駅へと続く道を曲がろうとしたら。

ユウシ「そこ、まっすぐ行って。
そんでそこのセブンに寄って。」

ヨシ「え?なんで?」

ユウシ「俺がチーズカツサンドおごってやる。」

君の口からでた言葉。
セブンに車を止めて君が降りていく。

僕は車の中から君の様子を見ていた。
少しして君が袋を持って帰ってきた。

次は助手席に乗った君。
二つのチーズカツサンドを僕に手渡した。

いい香りが車の中に漂う。
君がくれたチーズカツサンド。

もしかして、僕がさっき怒ったから買ってきてくれたの?

君からおごってもらえるなんていつぶりだろう。
11月に君とデジカメ買いに行ったときにコーラおごってもらった時以来かな。

とても、うれしかった。
パンだけど、値段もそこそこある。

君はなにげない顔して食べているけど、
僕は、、君のその優しさが痛いくらいに。。

僕は夢中で食べた。

おいしくて、暖かくて、優しくて。

ユウシ「おいしいやろ?」

泣きそうになるのをこらえながら少しべそかいてて、
鼻を何度もすすった。
あたりは暗かったから顔は見られていない。

食べ終わるとすぐに車を出した。
5時30分まであと少しだった。

君は隣でまだ食べていた。

あっという間に駅に着いた。
駅は込んでて途中で車を止めた。

君は助手席から降りて後ろの荷物を取り出す。

あぁあと少しで別れなんだ。

全部の荷物を取り終わると君は、

ユウシ「じゃぁね!」

と言った。来た。

ヨシ「じゃね!良いお年を。」

ユウシ「はは。良いお年をー。」

そういってドアを閉じた。

僕に背を向けてホームへと向かう君。
見送りたかったけど込んでたので出なくちゃいけなかった。

そう思いつつ君と別れた。

バイバイ。ユウシ。また来年。
          2006年12月24日
----------------------------------

なんでこんなに君の事覚えてるんだろう。
もう2週間も前の事なのに。
もう冬休みは終わっちゃうのに。

ただ、こうやってずるずる書き続けたのは、
君と会えない日々が寂しくてたまらなくなると思ったから。
冬休みの間はこの二日間の事をびっしり書こうって思ったから。

最後に君からおごってもらったチーズカツサンド。
あれが本当に心に響いて。
今でも思い出すだけで胸が張り裂けそう。

もう、明日で冬休みは終わっちゃうけど、
あの日。
あのクリスマスイブは良い思い出になった。


 悲しくなんかないのに
 涙がこぼれたのは
 君の想いが痛いくらいに

 僕の胸の奥の傷跡に染みこんで
 優しさに変えてくれたから





応援よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>masaさん
なでなでですか(笑
してもらいですね~

とても想いが詰まってて、泣きそうになりました。。
驚きと感動でした・・・

大事に思ってるのと、好きなのは別ですよね・・・
でも、大事に思われてるならうれしいです。

AKIさんと一緒に良い成人式を迎えてくださいな^^

【2007/01/08 18:27】 URL | ヨシ #- [ 編集]


初めましてw
何となく読んでたらこの日記で胸いっぱいになっちゃいました。
泣きそうです(笑)

近い距離に居るのに、手が届かなくって・・
だけど彼は優しくってあったかくって・・・
あぁ~もぉ、がんばってぇっ!!って思っちゃった。
私も好きな人がいるけど、ドキドキするような気持ちとせつない気持ちでいっぱいになっちゃいました。
色んなことを思い出したなぁ。

『恋』って人を可愛くしちゃいますねw
可愛いって言うと嫌かもしれないけど。
雰囲気が丸くってやわらかい感じがするな。
ヨシさんからもそんな雰囲気感じちゃったw

・・・変なコメントでごめんなさい(´ω`;)

【2007/01/09 10:38】 URL | さくら #- [ 編集]


>さくらさん
はじめまして。

近いけど遠い存在。。
二人でいるのに感じる孤独。
この時のあいつはすごくやさしかったです。
>がんばってぇ~!
ありがとうございます^^

俺って柔らかいですかね。。
辛いことばかりです・・・
あいつのことがいつも頭から離れません!

メッセージどうもありがとう^^

【2007/01/09 22:06】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。