no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全てが消えてなくなりそうで。
卒業研究がここまで辛いモノだとは思わなかった。
でも、それ故に君と一緒にいる時間が増える。

この土日。
君と一緒にいた時間、約12時間=君を独占できた時間。
平日だったら教室にいることが多いから君とはあまり話せない。

休日なんてないもんで、この二日間は卒研室にこもってた。
辛いけど、君とがんばれるんだから耐えることができた。
いや、君と一緒だから苦痛なんて感じなかった。

昨日は、夜の7時まで卒研室に残ってたんだ。
相変わらず教室とは一風変わった君が見れる。

教室では大体は冷静を保った君。

だけど、卒研室では奇声をあげたり、変な行動を取ったりで、
いたずら小僧。
そんな君がかわいくてかわいくて。

君と卒研の話をしながら。

隣に座る君が僕の椅子に足をかけてきた。
君の足は座ってる僕の太もものところにおかれるんだから、

君の方はきっと何も思ってなくて、ただ足を乗せてるだけ。
だけど、僕はどうしてもそれに体が反応してしまう。

見つからないように隠すんだけど、
君はその足をさらに動かすんだ。

僕は冷静を保ったまんま君と話を続けるんだけど、
頭の中は何も考えてられない。

たまに、君は僕の足をつかんで自分を引き寄せる。
またそれで反応してしまう。
君の体が近くなるたびに、君の香り、君の髪の毛、君の全てを感じてしまう。

そういう事が何度もあった。
辛かった。
このまま君を抱きしめたかった。
けど、抱きしめたら全てが消えてなくなってしまいそうで・・・




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/01/22 08:45】 | # [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/01/22 13:26】 | # [ 編集]


>Uさん
切ないです。どんな気持ちであいつが僕に触れてきてるんだろう。

俺の勇気。勇気が足りないんだ。
ハードル。高すぎます。
どうすればいいの。

不器用だけど、いつか、乗り越えたい。そう思っています。
どうもありがとう。

【2007/01/22 21:29】 URL | ヨシ #- [ 編集]


>ゆうさん
誘ってるのかな・・・
いや、あまり自分のいいよいに解釈しないほうがいいと思います。

たぶん、端からみたら怪しく見えるかもしれませんね。
でも、あいつは顔も子供みたいな顔してるから・・・
男同士じゃそんな事しないですかねぇ。。
あいつの性格だと普通に近づいたりはする気がします。

あいつの気持ち・・・か・・・

【2007/01/22 21:32】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。