no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い出の整理。
本当に、長い間、このブログにアクセスすることすらしてなかった。

忙しくて、でも、ユウシに告白なんてできなくて、
ブログでは告白するなんて言ったけど、
実際は何もできなくて、
そんな自分が恥ずかしくて、ヘタレで・・・

2/6からブログに手をつけなかった。

本当にこの頃から僕とユウシと卒研で猛烈に忙しくなる日々が始まった。

まずは、5年間で最後の試験期間が始まった。
にも関わらず、テストが終わったら、その足で卒研室に向かって、
卒研をやらなくてはいけなかった。

テスト前日は遅くまで勉強して、
テストを受けたら卒研を遅くまでして、
帰ったらテスト勉強。

テスト日程は易しかったモノの相当疲れたのを覚えている。

君とは毎日遅くまで残った。

この頃の君は僕もそうだけど、相当に疲れてて、
毎日機嫌が悪かった。

僕の言うこともシカトをしてて、
皮肉もたくさん言うようになっていた。

ヨシ「なんでそんなに意地悪すると?」

ユウシ「ごめん、俺、最近機嫌悪いやん。」

こういうやりとりが何度かあった。

僕は、本当に、夜9時、10時とかまで残って、
卒論の製作を担当してて、
一人、研究室に残って、必死になって回路を作っていた。
これは本当に根気のいる作業で、
研究室に一人、君のいない寂しさをこらえながら、
僕はがんばった。

それでも僕は君のことが大好きで大好きで仕方がなくて、
卒研なんかどうでもよくて、君と一緒にいられる事が最高に楽しかった。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして・・・
ふくと申します・・・

訪問履歴から、来ました・・・
訪問、ありがとうございました。
そして、コメントのトップバッターで、と
えっ? はいっ?と、緊張してます!(汗)

ヨシさん・・正直、切なくなるけれど・・・
自分も♂で同性愛者、
片想い、ありましたよ・・・

でも、ひとりじゃないんだよ・・・って、さ
自分、ひとりじゃ、ないんだよ・・・って

ん? すいません、初コメント?で、やっぱり、緊張してます!(笑)
なんか、まとまりのないコメントで・・・
すいません・・・ははっ(汗)

また、来ますね!
今後とも、よろしく!ですv-410
ありがとう!

【2007/03/30 09:20】 URL | ふく #EEB3r1MM [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/03/30 11:34】 | # [ 編集]


***ふくさん***
はじめまして、ふくさん。

そんな、緊張しなくても大丈夫ですよ♪

ひとりじゃありません。
僕も最近そう思えるようになって、
なんだか心が楽です。

また来てください♪

【2007/03/31 00:27】 URL | ヨシ #- [ 編集]


***sayaさん***
ただいま、sayaさん。
この、恋の帰り道はここなのかもしれません。


本当、あいつにあえて俺はよかったって思える。
そして、これからも逢う予定です。

別れじゃなかったって本当に心が落ち着きました。


そうですか、、玉砕・・・
でも、告白できてよかったと俺は思います!
その勇気に乾杯。


時間がたてば、、そんなこともあったねって思えるはずです。

暖かい言葉・・・ありがとう。

【2007/03/31 00:53】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。