no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


泣きたい。
もう、あとプレゼンまで2,3日ほどに迫った日。
僕は作ってた装置を完成させた。
テスト期間でも毎日夜遅くまで残った成果だ。

君の方のプログラムが試作段階で完成して、つなげてみた。
すると思うように動かなかった。
そして、色々試行錯誤してるうちに、装置が・・・壊れた。。。


本当にどうしようもなくて、
はじめこそは、

ユウシ「卒研オワター!」

ヨシ「卒研オワター!」

なんて言ってるうちにだんだんと悪い雰囲気になってきた。


もう、卒研を放って、ゲームをしてるときに、
僕が君の髪の毛に冗談で触れたんだ。

すると、

ユウシ「お前、まじで触るな!わかった?俺に触れるな!」

そう、罵声を浴びせられた。他のメンバーもいるなかで。
今でも覚えてる。
言われた瞬間、頭に血が上って、一気に自分がしてることに冷めてしまった。
俺、何してるんだろう。
動揺を隠せなかった。

僕は

ヨシ「あ、うん。」

なんていう返事しかできなかった。
胸の鼓動が止まらない。
今すぐここから逃げ出したい。

僕は床に足をついたまま、ぼーっとしてた。


泣きたい。



心のもやもやが治らないうちに、壊れた装置の事について君から言われる。


ユウシ「先生に聞いてきてみて?」

それに僕は反抗した。

ヨシ「えー・・・なんで俺が行かやんと?」

その瞬間、君が怒った。



ユウシ「あーもう知らん。勝手にすれば?」



そう言って君はそっぽを向いて一人でパソコンに向かい始めた。
一人残される僕。


ヨシ「えー・・・」


黙ったまんま過ぎる時間。


泣きたい。泣きたい。



僕はトイレに向かって、泣こうと思ったけど、
心の留め金があるのか分からないけど、、
泣けなかった。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

それは・・・つらいなぁ。
友達に言われても傷つくのに、
それが好きな人だと思うと・・・ほんと切ない。
きっともの凄くピリピリしてたんだね。
こうやって思い返して書くことも辛いですよね、きっと。

【2007/04/01 02:03】 URL | ree #- [ 編集]


お久しぶりです^^
なんというかなぜか自分もグサッってきてしまった・゜・(PД`q。)・゜・
切羽詰ってたんでしょうねぇ~ユウシくんも><
でもそんなこといわれたら、つらいですね~

俺なら泣いちゃってるかもですよΣ( ̄□ ̄;)!!

【2007/04/01 03:01】 URL | 神城 #- [ 編集]


***reeさん***
本当、、あいつにこんな事言われるのって、、
すごくきつかったです。
どうしていいかわからない。
思い出すのも・・・辛かった。↓↓

【2007/04/01 21:39】 URL | ヨシ #- [ 編集]


***神城さん***
好きな奴に「触るな」「勝手にすれば?」この言葉は辛かった。
あぁ・・・思い出すだけでまた胸がキリキリしてきます。
あの頃は本当にせっぱ詰まってた・・・

【2007/04/01 21:40】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。