no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頑張れる。
君が帰った事はまた悔しかった。
それと同時にこの先どうしようかと思った。

一度自宅へ帰る。
その途中、何度も思い出して泣いていた。

家に帰って、風呂に入りながら考えた。
どうしよう。このままじゃ雰囲気が悪くなるばかりだ。
一度気持ちをリセットしなおそう・・・

風呂に入って、考えたぶん、気持ちが軽くなった気がした。
今のままなら次に君にあったときは笑顔でいられそう。

今回の件だって、僕が度胸を見せなかったから、
君に放置されたんだといい聞かせた。


そして、夜に再び学校に出向く。

研究室に入ると君はまだ帰ってきてなかった。
なんだか拍子抜けした気分で僕は卒論を続けていた。


トイレに行こうと思って部屋を出るときに、、、
君が研究室に入ってきてた。
一瞬変な空気が流れたけど・・・

ヨシ「オッス♪」

勇気を出して、言ってみた。

すると、君もなんだか少しさっぱりしてて、

ユウシ「オス。」

って言ってくれた。

あぁ、よかった。
普通に話せる。
もう、普通に話しても大丈夫だと思った。

もう、君とこのまま話さなくなったらどうしようかって思った。
あと、怒った君が大嫌いになってた。
このまま、僕が君を嫌いになってたらどうだったんだろう・・・
また、君と話せたときは大好きになったけどね♪

そうして、また、卒業研究をがんばれた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。