no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


覚悟を決めた3.28-1。
卒業式が終わっても、毎日のように学校へ行く日々。

そして、君とおそらく逢うのは最後だろうと、覚悟を決めた3.28。
この日は君が学校に卒研をしてくれる日だった。

僕は朝からそわそわする。
告白しよう。そう考えていたからだった。

君と過ごした多くの卒研、卒業旅行、卒業式と言う時はたくさんあったんだけど、
言おう、言おうとこの日になってしまった。

電話がかかってきた。君から。


ヨシ「もしもし」

ユウシ「寝とった?もう、今日行きたくない。どうせできないもん。」

ヨシ「え、、じゃどうすると?」

長い沈黙。

ユウシ「なんで卒業しても苦しめられなきゃいけんと・・・」

もちろん君が苦痛を感じてるとは思ってたけど、
こんなに感じてるとは思ってなかった。
だから、、なんだか申し訳なくて・・・

ヨシ「・・・じゃぁ、もう、今日で最後にしよう。
   そして、できなかったら俺から先生に言うよ。」

ユウシ「わかった。じゃ来る。」


もう、本当にこれで逢うのは最後だ。そう思った。

みんなの力を借りよう。
そう思って本当に1ヶ月半ぶりにこのブログを開いた。

そして、泣き言を言ってる僕に暖かい助言をくれたみんなのメッセージを読んだ。
携帯にもメールで送った。
それだけで安心した。
学校へ行く途中でも何度も見た。


学校についてもソワソワするばかり。
君と会うのも久しぶりだったから。
でも、君が来るのはやっぱり遅くって僕は待ちわびていた。
早く君の顔が見たい。

ソファに横になって寝ていた。

時間は15時。
後ろの方で扉が開いた音がした。
きっと君だって思った。

少し間をおいて気づいたふりをして振り向いた。
扉は閉まっていて誰もいない・・・
って思ったらテーブルの下に隠れてる君を見た。

ヨシ「おう、来たか。」

ユウシ「(笑)」

相変わらずな君でよかった。そう思った。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。