no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理想と現実との差
立ち止まるか突き進むか。

夏休みが明けた。
それでも夏は終わっておらず残暑という名の猛暑がまだ続くのはいつもの事。
今日は比較的涼しかったから救いだったかな。

昨日の夜は、今日の学校のことで不安で不安でいっぱいであまり眠れなかった。
家に一人でいるととても寂しいのにいざ学校が始まるととても不安になった。

深夜2時くらいに寝たにも関わらず目覚めはすっきりとしていた。
多分、夏休みに寝溜めしておいたからかな。
それでも学校に行くまでがだるい。

起床したのは6時20分。
それからトイレ、朝ごはん、歯磨き、シャンプー、着替えを済ませて
忘れ物チェック。定期、携帯、財布、鍵。

そしてバイクで駅まで、そして電車。
着いたら自転車で学校まで向かう。
学校に着く頃は汗をかいている。
でも今日は涼しかった。

今日学校に着いたのは8時20分くらい。
クラスのいつものメンバーがいる。
クラスのみんなとは仲良くやっていってるので、
あいさつを交わしたり、おしゃべりをしていた。

心の中ではいつユウシが来るのか気になって気になって仕方がなかった。

8時40分頃。
ユウシは来た。
髪型がかっこいい。
ワックスを使って超セクシーに変化してる。
あの髪に触りたいと思った。

話すきっかけや挨拶するタイミングがなかったので話さなかった。
でも、僕はちらちらと横目でユウシを見ていた。

周りの友達がユウシを見て

「夏休み、イメチェン王はユウシね」
「ユウシ、ギャル男くんやん」

などと、僕が心の中で思ってることをたやすくユウシに口にしている。
決して悪い人たちではないんだけど不愉快だった。
ねぇユウシ、超かっこいい。

もう夏休み期間中の二人だけの時間は無いんだと気づいた。
とても悲しかった。
そう思ってるのは僕の心の中だけで、
ユウシはいつものユウシで、
いつもと変わりなく行動している。

前とイメージが変わったのは、服装。
色あせたジーンズなんてはいてた。超似合ってた。
靴を買っていた。
運動靴みたいで小さいサイズの靴。
僕にとってのシンデレラの靴みたいに小さいんだ。
すごいね、ユウシって。
こんなに人ってかっこよくなるもんなのかとそう感じた。
魅力たっぷりのユウシ。
君を独り占めしてた一昨日が恋しい。

その後、少しユウシと話したけど一言二言。
なんだか満足できない。

今日から授業もあった。
ユウシが僕の机の隣を通り過ぎるときにふざけてまた僕の携帯を持っていかれた。
まずい、今携帯を開いてネットを開いたらこのサイト「no yusi, no life」が表示されてる。
授業中であったけども、立ち上がってユウシの机までダッシュ。
ユウシはふざけて携帯を返そうとしない。
取っ組み合いっぽくなってて、隣に座ってる友達が笑ってた。

やっとのことで返してもらったけどあとでよく考えたら
周りから見たら今の僕の行動って気持ち悪かったかな…と後悔した。
ユウシもふざけて笑ってた。
僕の後ろにいる友達が

「仲いいね」

とぼそっと言った。少しうれしかった。

授業中、ぼーっと後ろを見てるユウシと目を合わせた。
一昨日の感覚が一瞬よみがえった。


廊下を歩いているときにサッカーに行こうとしてたユウシがボールを持ってて、
僕に向かって蹴ってきた。
僕もそのボールを走りながらけり返した。

ユウシ「お前危ないな~」

なんて事を言われたっけな~


午後からは体育の授業があって、バレーをやった。
ユウシとは違うチームになったけど、
ユウシと対戦する機会がほしかったから良かった。

僕は元バレー部。
セッターを務めた。
1チーム目は楽に勝利。

2チーム目の試合にユウシはいたね。
君はアタッカーになっていたけど、
そんな華奢な体じゃ…と内心思っていた。
君のアタックを僕のブロックで返してやりたかった。

でもお互いのチームは強く、点数差がなかなか広がらない。
やっと僕がサーブを打つ番になった。
それで大体5点くらい差を広げた。

そしてユウシがアタックをしてきた。
運よくそのボールの先に僕がいた。
華麗に返してやったのは「してやったり」な気分だった。

その試合も勝つことができた。

ひとつ。
君の今日かわいかったところを見つけたよ。
バレーの時

ユウシ「よっしゃ、次から俺はボールに立ち向かって行くぞ!」

なんて言った瞬間にサーブが君のほうへ突撃。
君はボールとることができずに苦笑いしてた。

さっきあんなに気合入れてたのに(笑
相変わらずかわいいユウシだな。

それで今日一日は終わった。
放課後、君と話せる機会があるか伺ってみたけど、
君はなんかやることがあったらしくてコンピュータ室に行ってた。

残念。明日明後日、君に会えないんだな。
なんて思いつつ今日は帰宅してきた。

今日はあんまり君と話せなかったな。
残念だったなぁ。
やっぱりプライベートで二人会ってみたい。
今度、誘ってみよう。

ねぇユウシ。大好きだよ。
君を抱きしめたい。

------------P.S
よろしかったら僕に対するコメントよろしくお願いします。
どんな方が見てくれてるのかとか、
見てくれてる方がどんな風に感じてるのか知りたいです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/02 07:04】 | # [ 編集]


いわゆるボーイズラブかー。
結構好きだょbbそーぃぅのbb
頑張ってねbb俺、今好きな人いるけど、
なんか............って感じなんだbb

【2006/09/02 17:39】 URL | 夏樹 #- [ 編集]


>Uさん
いつも、見守ってくれてどうもありがとう。

もうハードル高すぎます。
なんでユウシを好きになっちゃったんだろう。
神様信じたくないです。

僕、彼のブログ読んでます。
はじめから読みました。
彼の生きるその様はとても美しいと同時に涙が溢れてくるくらい切ない。そう感じます。
一度、トヨ君に連絡とってみようかな・・・

>夏樹さん
コメントありがとう。
ボーイズラブですか。。
ユウシが大好きです。
好きな人がいるけど、どうにもならない気持ちがたまらなく苦しいです><

【2006/09/02 19:18】 URL | ヨシ(管理主 #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/02 20:13】 | # [ 編集]


>Uさん
なんだか切ないですよね。
でも、同じ想いをしてる人もいるんだって心強くなりました。
かなわぬ思いなんですけど。。

ありがとう。
これからもエールよろしくお願いします。

【2006/09/03 11:28】 URL | ヨシ(管理主 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。