no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何度もメール作成。
ねぇ、ユウシ。
土日の休日は君のそばにいたい。
僕からの一方的な考えなんだけど、なかなか先に進めないんだ。
今日は君に何度もメールを送ろうと考えた。
ユウシと会う約束をこじつける為。

どんなメールをユウシに送ったら快く返してくれるだろうと何度も何度も書いては消して書いては消して…を繰り返した。

ヨシ:ねぇ、ゆうし。宿題わかった?

ヨシ:ゲームやってる?

たくさん君へのメールを考えたんだけど、
結局メールは送信のボタン一歩手前で怖気づいてしまう。
ついこの間突き進むって決めたのに…。

これじゃ君と二人になるのは難しいのかな。
これだから学校のない日はいやなんだ。
君と一日でも長く一緒にいたい。

昨日の日記にも書いたように妙なことを君に聞かれたからついつい僕と君が二人仲良く歩いている近い未来を想像してしまう。
どんなに幸せな気持ちなんだろうか。

ユウシ、僕の事を好きになってほしい。
少なからずも僕の気持ちは君に伝わってるはずだよ。
僕が君に対してしてきた行動の全てを考えて。
胸が痛い。張り裂けそう。

君を知らなかった頃に戻りたい。
かといって、君と過ごした日々が嫌だったわけではない。

ねぇユウシ、君の全存在を僕は肯定するよ。

君がいるならどんなときも笑ってるよ。
泣いているよ。生きているよ。
君がいなきゃ何もなかった。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。