no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君が着たハーフパンツ
昨日、君に貸してたハーフパンツが返ってきた。
火曜くらいに君が体操用のズボンを忘れてきてたから僕がハーフパンツを貸してあげたんだ。

ユウシ「ヨシーこれもって来た。」

そういって君は僕に君が着たハーフパンツを差し出した。

ヨシ「あーどうも!洗ったんだ?」

ユウシ「ううん、洗ってないよ。」

なんということ。
君に火曜に貸したのにずっと借りっぱなしでしかも洗ってないとは(笑

でも、うれしかった。
君の香りが残ったまんまのズボン。
それがとてもうれしかったんだ。なんて変態なんだって思うけど。
好きな人の香りをかげるのってうれしいんだ。

すると君は僕の考えを知ってたかのように続けた。

ユウシ「でも、それもそれで嬉しいでしょ。俺の匂いがたっぷりついてるんだから。」

って君は言ってきた。
僕の想いを知ってるのか、それともからかってるのか。
僕はその言葉にどきっとする。

ヨシ「ありがとう(笑」

なんていいながら受け取った。

もしかして、君はあえて洗ってこなかったのか?
もしかしたら、本当は洗ってるのか?
どっちなんだろう。

君の香りがついたハーフパンツの香りをかいでみる。
君はあまり汗かかないから汗臭くもないし、いい香りがしてる。
これは、、ユウシの香りか?
間違ってるかもしれないけどなんとなくユウシの香りがする。
洗ったなら洗ったで少し残念だけど。





君は僕の気持ちに………気づいてるの?





それでも、君は僕と普通に接してくれてるの?




急に全てがわからなくなる…


君に好きって言いたい。
ものすごく言いたい。

そして、この胸のもやもやをすっきりさせたいんだ。
いつまで経っても前へ進めない。

何も知らない君の前で笑う。
そんなことですら苦痛になってた。

一人きりで悩んで一人きりでため息をはく。

そんな今の自分にそろそろ嫌気がさしてきたんだ。

どうせ、可能性が限りなく0なら早めに切り上げて
早めに次の恋に進んだほうがいい。
だた、今この瞬間だけは二度とは戻らないんだから。

君と付き合えるかな?
そんな答えなんてどこにもない。
そんなのわかってたらとっくに僕は君に告ってるさ。

最近、君とキスする夢をよく見るようになってきた。
今日もその夢を見たんだ。
いつも君が僕の傍にいて、
僕が好きなときに君にキスをする。
君だってそれに応える。

君にふられちゃったらそんなのなんてありえないけど。

君に振られたら…
その時はそのとき。
へこんだりするんだろうけど、
僕だって暇じゃない。
学校のあるイベントのリーダーを勤めてる。
君の事を考える時間が減る。

僕が君に告ったことを君が誰か一人にでもばらしたりしないだろうか。
きっとその人は面白半分で他の誰かにそしてまた誰かにって
一瞬にしてクラス中に広まってしまうだろう。
そのとき、僕は終わりだ。

でも、君を信じる。君はそういうことは絶対しない人。
例え振られたとしても、君がそんな事しないなら僕は君に安心して告白できる。

信じるって決めたんなら理想と違う答えも受け止めること。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。