no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君と無意識シンクロ
何気ない君との出来事をブログに書き綴っている。
それもほとんど全て。
君が知らないところでこんな風にこと細かく綴っている。
ユウシが知ったらどう思うだろうね(笑
ストーカーといわれても何もいえない。

そういえば前から思ってたこと。
君といると面白い現象によく僕がなるんだ。

テレビでよく人にどのくらい好かれているかを判断する方法としてよく紹介されてるんだけど、
自分に好感を抱いてる人と話していると、自分がする何気ない行動を相手が無意識にまねをするっていう話。

とても仲のいい恋人が一緒に食事をするとき、
一方が水を飲むともう一方も水を飲むなどの同調、
もの動きが同じであったり、呼吸のテンポが同じであったり。

シンクロですね。
なんだか好意を抱いていると無意識に相手と同じ行動をしてしまうんだって。


それは僕とユウシにも当てはまる。

僕は君が好きなんだ。
君と卒研の時間、君は僕の隣に座っている。
すると、気づけばいつの間にか僕は君と同じような行動をよくとってるんだ。
よくやってしまうのが座り方。

君がテーブルにひじをついて先生の話を聞いてる。
すると僕もいつの間にか君と同じようにひじをついてるんだ。

君が椅子に背をもたれて先生の話を聞いてると、
同じようにいつの間にか僕も同じことをしている。

そのときははっと気づいて僕は君とは違うようにするけど。
いつもそれにおかしくなっちゃうんだ。
本気で君に惚れちゃってるよ…って。

授業中。
僕の左斜め前に君は座ってるんだけど、
君が寝始めるといつの間にか僕も同じような格好で寝てたりする。

これって不思議。無意識のうちにやってしまう。

でもなんだかうれしかったりする。
君にも無意識シンクロしてもらいたいな。


この前、卒研中。
君は寝ていた。
僕は横から君に起きてもらえるように足を蹴ったり叩いたりしてた。
けど、今頃になって思う。
多分、相当うざかったと思う。
あまりに寝てたユウシにいらだった僕は君の股間をちょんってつついた。
君はびくんとなっておきた。
面白くてたまらなかったけど、そのあと横目でぎろっと僕をにらんできたときは失敗したって思ったなぁ。
ごめんな。

明日からテストが始まるんだけど、
史上最強にやる気がでない。
教科が少ないせいもあるからかな。
がんばってくる。君と放課後勉強できたらいいな。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。