no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


君への気持ち。
ユウシ、今日はとっても楽しかったよ。ありがとう。

今日はユウシと久しぶりに学校で会える。
だけど、ユウシへの気持ちが薄れていたせいか、あまり学校に行くときは緊張しなかった。
不思議。あまりこういうことなかったのに。

君はいつも通り教室に入ってきた。
君におはようって言いたかったけど、
なんだか声をかけれなくて。。
君におはようを言えなかった。
この時点で既に後悔。

1,2時間目は君の後姿で我慢。
君は真面目にノートとってたと思う。
早速授業が始まって僕も辛かった。

休み時間になった。
僕は携帯をいじっていた。
すると、それを覗き込む影が。。ユウシだった。
どきっとした。
でもなんだかうれしかった。
とっさに僕は朝、挨拶できなかったから

ヨシ「ウィッス!」

って元気に言ってみた。
君は笑みを浮かべながら自分の席に戻っていったけどその笑み。とてもうれしかったんだから。
なんだかこの12日間の僕の中の積もり積もったものが溶けていくような気がして。
君を大好きだった僕を思い出した。

そしてそのあと君と携帯電話の話をした。
僕の携帯を見た君が、僕に話しかけてきた。

ユウシ「ヨシー、ヨシの携帯の次に出たやつ見てきたけどかなりでかかった。」

ヨシ「えーそうなん。」

なんて携帯の話なんてどうでもよくて君が話しかけてきたことがとてもうれしかったんだ。

それからもハッピーな事は続いた。

授業でコンピュータ室を使う時間があった。
僕は一人でいつもの席に座っていた。
すると、入ってきたユウシが僕の隣に座ったんだ。
他にもたくさんあいている席があったのに僕の隣に来てくれた。
うれしかったな。ユウシの香りがしてきた。洗剤のいい香り。

君はテストで100点をとっていた。
すごいね。
僕なんて授業中必死にがんばったってこんな点数取れなかったのに
君は人のプログラムをコピーしたりして100点をとってる。
なんてずるいんだ。

プリントに書いてあるプログラムをキーボードで丸写しする時間があったけど、
君はそれを移そうともせずに人のをコピーする気満々だ。もちろん僕の。
そんな君に僕は

ヨシ「犯すぞ~。」

って小声で言ってやった。
君はだまってたけどしっかり聞こえていたはず。

僕が移したプログラムは沢山の欠陥があって、間違いなく移しミスなんだけど、
君は僕をいじめる。

ユウシ「ヨシは使えない」

ってね。君にそんな事言われるのは、冗談でも、辛い。
笑ってごまかすけど結構ショックなんだ。
君のSが炸裂していた。

そして、最大のメイン。今日は久しぶりに卒研があったんだ。
君との久しぶりの卒研。
どうなるか不安だったけどとても楽しむことができた。
君が卒研中に食べるだろうって思ってハイチューをたくさん買ってきた。

案の定、君は卒研中なのにバクバクとハイチューを噛む。
君がほとんど食べたんじゃないのかな。
君に食べてもらいたかったからとてもうれしかった。
けど、本心とは裏腹に口からは

ヨシ「お前一人でハイチュウ食うなよ!」

なんて言ってしまったけどね。

ユウシ「ヨシのだから大丈夫。」

なんて僕の心を読んでるというか、
俺のものは俺のもの。お前のものは俺のもの。的な雰囲気。
君に支配されてるようでうれしい。

途中、あまりに君が僕をいじめるのでにらんでたら、

ユウシ「犯したい?」

ヨシ「うん。」

君がそういって来たから僕は即答した。
君は苦笑いしてた。
ねぇ、ユウシ。
この返事の裏にある僕の心。わからない?

今日、君にはぼそっと色々怪しい言葉をかけてた僕。
君は何も言わずに聞いてたけど、心の中ではどう思ってるんだろうか…
まだまだたくさんあるんだ。
今日は君とたくさん触れ合えた。
君はそうは思ってないだろうけど、僕はとてもハッピーな気持ちになれた。

というかMな僕は君からいじめられると少し、感じてしまう。
そんな僕を君は、知っている。

一日何度かいじめられないと、なんだか欲求不満になってしまいそうだ。
変態な僕だな。

君への気持ち。思い出せた。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/10/05 04:31】 | # [ 編集]


こんにちわ!
コメント消されてなかったので、またカキコしてみました。
(注:この記事と関係のないコメントです)
前に話していたドラマは、「誰よりもママを愛す」ですよ。
ファミリードラマなのに、恋愛話たっぷりなんですよ。
恋愛というか、愛の話デス☆
その中で、おにいちゃん(ノンケ)とピンコさん(俗に言うおかまちゃん)の恋愛模様がかかれてるんですよ。
もし機会があったら、観てみるのもいいかもです☆
ちなみに、私は毎週泣きながら観てました。
もちろん、笑いもアリ!!

所詮ドラマだけども、現実はドラマ以上の事が起きていると思います☆

【2006/10/05 12:20】 URL | ナツキ #FDls.Z8U [ 編集]


>Uさん
久しぶりです。

なんだかユウシにいじられるの、大好きなんです。
本人はそうは思ってないだろうけど、少しは心許してるみたいで。

変態じゃないですかね、それならうれしいです!
あいつにいじめられるなら毎日でも・・・(爆)

【2006/10/05 18:54】 URL | ヨシ #- [ 編集]


>ナツキさん
あ~そういうドラマありましたね。
そんなに恋愛感あふれるドラマだったんですか。
タイトルからはよくわからないですね><

機会があったら見てみようと思います!

【2006/10/05 18:56】 URL | ヨシ #- [ 編集]


このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/10/06 09:05】 | # [ 編集]


>Uさん
こうやってたまにコメントくれると励みになります。
Uさんもお仕事がんばってください。

【2006/10/06 18:47】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。