no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弱音。
相変わらず君の事を考えて胸は痛いけど。

授業中にこのブログを携帯で見ていた。
そのうちに居眠りをしてしまってこのブログを閉じるのを忘れていた。

休み時間になって君が僕の机の前を通った。

君は僕の机を見てる。
てっきり、僕がノートの端に書いた落書きを見てるのかなと思った。

君は僕の携帯を覗いてたんだ。
「no yusi, no life」が開いたまんまの携帯。

僕はそれに気づかなかった。

携帯には青い画面が表示されてる。
このブログの背景色。
文章は見られてない。

それに興味を示した君は僕の携帯を手にとった。
瞬間、僕は気づいてすばやく奪った。
危なかった。ばれるところだった。
もしかしたらこのブログのタイトル、見えたかもしれない・・・

本当にばれると思ってドキドキしまくった。
危なかった。





弱音。

ねぇ、ユウシ。
ここで弱音はいてもいい?

ここは君が知らない場所。

君が好き。好き好き好き。

なんでこんなにも想いは強いのに君に伝えられないんだよ。

ホント、悔しいよ。

君の近くに僕はずっといたのに話そうと思ってた言葉たちは、
君の顔をみた瞬間に全て消えてなくなってしまうんだ。


同姓を好きになっただけでこんなに苦しむなんて世の中が嫌だ。

どんなに辛いか、どんなに寂しいか。

君への気持ち。君の事を思うたびに僕の胸は締め付けられるんだ。

もっともっと、オープンな世の中があってもいいのに。

あぁユウシ、ユウシ、ユウシ。

君のサラサラな髪の毛も大好きなんだ。
あの髪の毛にもう一度触りたい。
君に関わるもの全てが大好き。


君が学園祭の飲み会に出席しないなら僕も出席しないよ。
君がいない打ち上げなんて辛くてしょうがない。



少し。落ち着こう。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/10/19 08:25】 | # [ 編集]


それ、よく思います。
理解されても受け入れてくれるってのは難しいですね。
理解されるだけマシな気がします。
あいつはどうなんだろう。
毛嫌いされるのかな。。とても、怖い。


うつむき、まくっていますよ。
胸が痛い。

この想いは強いんだけど。

いつもありがとう。
Uさんのメッセージにはいつも励まされます。
大好きですよ^^

【2006/10/19 22:35】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。