no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別れの覚悟。
君がハイチュウを食べてたから僕は君へアピールした。
君の足を手でトントントンって叩いて君の顔の前で口をあけた。
(ハイチュウちょうだい)っていうアピール。

君は面倒くさそうにハイチュウの袋をあけて僕の口に入れてくれた。
どうもありがとう。
気持ち悪かっただろうけど、、それでも感謝してる。
うれしかったです。

卒研の途中に君と売店に行った。
僕は無意識のうちに君にべたべたになっていた。
本当に気づいてなくて

ユウシ「ちょ、近いって!」

って言われるまで気づかなかった。
あまりに近すぎた。
周りに人がうろうろしてるのにこれじゃ相当気持ち悪かっただろう。
というか、気色悪い。
ごめんね、ユウシ。
俺、君の事好きだから・・・なんて言えやしない。

とても悩める僕。
こうしてかろうじて僕はこの場所にたっている。

そろそろ考えなくちゃいけない。
君と離れ離れになること。
もう、君といれる時間は半年を切ってしまった。

とても、悲しい。

君は大学に編入するんだよね。
僕も君と同じ大学に行けばよかったとつくづく思うよ。

今更だけど、泣けてくる。
君と離れ離れになんかなりたくないよ。
それでも時間って冷たいもので刻々と過ぎていく。

まじでいやだ。怖い。苦しい。泣きたい。

いつか告白してやる。
僕の想いいつか必ず伝えます。

誰にも言えない
誰かに言いたい
あの人が誰より大切って。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/10/20 18:04】 | # [ 編集]


>ゆうさん
もう毎日つらいです。
時間って時に怖いですよね。
時が悲しみを忘れさせてくれる。それはいい事かもしれないけどちょっと悲しくなったり。
いつでも次の恋を探していたいものです。

それはよく想います。
だって、俺なんてあいつの気持ちなんて何一つ考えずに一方的な気持ち。
このブログを書いてて想うんです。
付き合ったとしても理想と現実の差にまた傷つくかもしれません。
相手に無理をいってしまうかもしれません。

おれ、アイツの笑顔が大好きです。
アイツの笑顔のためならなんだってできる気がする。

片思いの対処法。。
いいこと聞きました。
なんだか、ちょっといい気持ちになりました。

コメントどうもありがとう。
そんな事言わずにまたこれからもよかったらコメントください。
励みになります。

【2006/10/20 21:47】 URL | ヨシ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。