no you, no life -君を愛した日々-
同じクラスの友達に恋してたブログ。


プロフィール

名前・ヨシ
性別・♂

名前・ユウシ
性別・♂

オレはユウシの事が好き。

ユウシには言えない、
誰にも悟られてはいけない。
そんなユウシへの想いを綴ります。

ヨシ

Author:ヨシ
FC2ブログへようこそ!

携帯へこのブログのURLを送る
-モバイル版「no yusi, no life」-



メールフォーム

メッセージ待ってます。
色んな人の想いを聞いてみたいです。
ブログ更新は終わったけど、
いつでも僕の所に届きます。

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー

→初めから読みたい方はココから←



月別アーカイブ



FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕の肩には君の腕。
学園祭が終わった後の集まりの後、
5年生のクラスだけで集合写真をとろうということになった。

写真は大好きだ。
思い出に残るから。

僕は最前列に座った。
でも、ちょっと残念なことに一番端のほうに座ってしまった。

やっぱ目立ちたいから真ん中がよかったんだろうけども…
なんて思ってたら最高級にうれしいことが。

みんな集まって、はい!写真を撮ろうというころ。
君のデジカメで撮影しようってことになった。
僕が買ってあげた最新のデジカメ。

君は下級生にデジカメを渡して僕らの集合に入ってきた。
すると、、君が僕の後ろに来たんだ。
場所がなかったのかもしれないけど、
君と近くで写真が写れるということに僕はとても幸せを感じた。

君は僕の方に腕を乗せてピースをしていた。
僕もピースをした。

でも、君のデジカメはこういう夜の撮影には向いてないらしく、
写真をとってチェックしても暗い感じに写ってた。

何度か撮影を試みてそれでもだめだったので、
他の人のデジカメを借りた。

写真を撮るだびに君が僕の背中に腕を置いてうれしかった。

終わったあとは電車が来るまで僕は友達と写真撮影をしていた。
みんな一人一人に声をかけて

ヨシ「ねぇ、俺と写真とらん?」

って。さすがに拒否する人はいなくて、最近仲良くなった人とも写真をとることができた。

夜8時から打ち上げがある。
まだ、打ち上げには時間があるので一度家に帰った。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。